自分に合った保険を考える

 

近年保険の見直しが大変多くなっています。CMなども多くの会社が行っており、情報が氾濫するようになりました。
しかし逆を言えばそれだけ多くの中から選択できる、ということにもなったということでしょう。
現代の人が取得できる情報量は10年前の10倍にも昇るそうです。
ではその中で自分にあったものはどういったものか?それが重要になってきますよね。
情報化社会の中で多くの選択肢があることは非常に良いことですが、何を選んだら良いのかわからない、という意見もあります。
まず自分にあったものを選ぶ場合に考えるべきことは、自分のライフスタイル、配偶者の有無、子供の有無です。
ライフスタイルの中で、社会保障がどの程度利用できるのか?社会保障で保障できない部分はどの部分なのかを考えます。
万が一、自分が亡くなった場合に残された人はどのようなお金があれば現在の生活を変わらずに過ごしていけるのか?そこを金額として算出し、その上で社会保障での保障額を確認します。更に足りない部分を補うということが大切になってきます。
また、老後の保障に関しても、現状の受け取り年金額を算出した上で、将来の必要保障額を算出していきます。
当然そこには家族の有無、ということは必要不可欠になってきますので、まずは現在何に対してのお金が必要不可欠なのかを確認してみましょう。

 

af9920058177l