自動車保険の使用用途は業務にしておこう

会社員の人が独立して自営業者になるなど、様々な理由で自家用車を仕事で使う事になった場合、使用目的を変更する必要があります。
多くの契約において使用目的を確認し、それに伴う区分分けを行なっています。
区分としては日常・レジャー使用、業務使用、通勤・通学使用に分け交通事故の発生リスクに応じて料金を変更しています。

 
したがってもし契約時と違う使用目的であると判明した場合、告知義務違反、通知義務違反などに問われる可能性があり、場合によっては契約の解除やお金が支払われない場合があります。
これまで通勤や通学、休日のレジャーなどで使っており、ある時期から仕事にも使うようになった場合は速やかに区分の変更を伝えておかなければなりません。
実際のどこまで使うと区分が変わるのかは目安があるのでそれを自分のケースに当てはめて判断します。

 
年間を通して月15日以上、もしくは週5日以上の場合は、業務使用となり、それよりも少なければ日常・レジャー使用というのが一般的な基準となっています。
使用用途が違っていても条件をしっかり満たしていれば問題ありません。
例えば、日常・レジャー使用で仕事中に事故が起こったとしても、定められている条件が守られていればお金は支払われます。”