会社の規定の確認をしよう

仕事で自家用車を利用する必要のある方の場合では、いくつかの問題をクリアすることが必要になります。例えば新規に就業した後に仕事で自家用車を使用することになった場合では、事前に会社規定を調べることが必要になり、具体的にはガソリンなどの燃料にかかる費用の負担に関する内容や、劣化してしまうことによって掛かるオイル代やタイヤ交換代、各種修理代や車検に必要な費用なども確認することが良い方法になります。

 

一般的には月額で既定の自動車利用代が支給され、燃料費なども補填されることが多いのですが、掛かる費用があまりに大きくマイナスになるようでは、事前に納得した上で入社することが求められています。また、自賠責には必ず加入しているものですが、業務用として利用する場合では任意加入での補償も充実させることがおすすめになります。任意加入の場合でも、自動車の所有者の本人以外にも、会社の他の社員などが運転することがあるような状況の場合では、対応する補償内容のものに加入しておくことが何より大切なことになります。

 

また、任意加入の補償については、仕事で自動車を利用する場合では、走行距離数が増えてしまう可能性が高いために、支払う料金についても自己負担額の大きさを考えることが必要になります。