仕事で自家用車を使用する場合は?

 

 

 

 自動車を所有していて尚且つ走行させている場合では、必ず自賠責に加入していることになります。しかし、自賠責の補償内容は、対人賠償に特化している内容になるために、物損事故に対しては補償されることがありません。そのため、自動車の所有者の多くは任意加入のタイプに加入することが求めらているのですが、加入する際にはいくつかの項目を選択することになります。近年普及しているネット通販型のタイプの場合では、年間の走行距離数によって支払う料金が異なったり、使用目的によっても異なります。

 

その内容には自家用車としてレジャー目的で使用する他に、通勤や通学で使用する目的、そして業務で使用する目的の3つに分類することができますが、マイカーであっても仕事上で使用する機会のある方の場合では、週に5日以上または、年間を通して月に15日以上を仕事で使用することのある方の場合では、業務使用に変更することが必要になります。支払う料金に関しては、若干高めになる傾向にありますが、しっかりとした内容のものに加入をしておくことによって、安心して自動車を利用することができます。また、急に利用目的が変わった方の場合では、できるだけ早急に変更届を行うことが必要になります。