友人の車で事故を起こしても、友人の等級をダウンさせない

事故を起こした場合は原則として等級がダウンします。例外として、車両の盗難やいたずら、飛来物や落下物との衝突、火災、爆発、窓ガラスのみの破損、水没等は等級がダウンしない場合があります。これらは損保によって対応に違いがあります。これらは友人の車を運転中でもダウンしません。また友人の車に乗っている際にけがをした場合、人身傷害や搭乗者傷害で支払い対象になりますが、これもダウンはしません。

 

これはどこの損保でも同じ内容になっています。また相手を怪我させた場合、軽傷であれば自賠責の範囲内で示談が成立する可能性もあります。この場合、自賠責には等級ダウンの制度がないため、友人の自動車のダウンを避けることが出来ます。これ以外の対物や対人、車両の場合はダウンしてしまいますが、自分の自動車の他車運転危険担保特約を使えば、このような場合でも友人の等級をダウンさせずにすみます。

 

他車運転危険担保特約はどの損保の商品にも自動付帯されています。この特約友人の自動車を一時的に借用したのであれば問題ありませんが、長期間借り続けていたような場合で、常時使用する自動車と判断される場合は、支払い対象にならないので注意が必要です。