友人の車が家族限定の保険でも借りられる

家族限定は運転者限定特約の一つで、補償の範囲を契約者と同居の親族に限定する特約です。つまりそういう特約の車を友人から借りた場合補償のされない事になります。しかし全く補償がないわけではないのです。まず特約は任意の部分ですから、自賠責は関係ありません。死亡事故で3000万円まで、怪我の補償で120万円まで使えます。

 

それ以外にもあなた自身が他車運転危険補償特約をつけている場合には、そこから補償されます。しかも対人対物賠償補償、自損事故補償、更に車両事故も補償されます。ただし車両事故は元の契約の範囲で補償となりますので金額に車種に制限があります。また借りた車が自家用自動車の自家用普通乗用車、自家用小型乗用車、自家用軽四輪乗用車、自家用普通貨物車(最大積載量0.5t超2t以下)、自家用普通貨物車(最大積載量0.5t以下)、自家用小型貨物車、自家用軽四輪貨物車、特種用途自動車(キャンピング車))の場合にのみ適用されるという条件があります。営業用ナンバーや積載量が2tを超える貨物車は対象外になるので利用できません。

 

注意が必要です。自分の車の特約で友人などから借りた車での事故も賠償できるということはそれほど知られていない事なので契約内容を確認しておくのが良いでしょう。